図書館で映画を観ようの会*2010年公開映画『食堂かたつむり』

また食べ物関連の映画。

おいしいものが好き。目でも食べたい。



食材のレイアウトがカラフルでポップ!
それがファンタジーを創り出しています。
とにかく色合いが可愛らしいです。



熊さん(ブラザートムさん)という
近所のおっちゃん的な人が登場するのですが
(主人公が通っていた小学校の職員さん)
この人が私はお気に入りです。

食堂かたつむりのために人肌ぬいでくれます。


こんな感じの、良い意味で無責任に応援してくれて
支えてくれる大人って必要だと思います。



あと、『味園ユニバース』の赤犬さんたちみたいな
テキトーでゆっるいおっちゃんら。
最高。


やるときやってくれんだぜ。



それはさておき

ネオコン田中哲司さん)が
「酒呑みに来てんだから、馬で来るしかないだろ」
みたいなことを言うのですが、
これがツボでした。



お妾さん(江波杏子さん)が、
倫子(柴咲コウさん)が作った料理を食べながら
どんどん表情を取り戻してイキイキしていく過程は、

まさに

「生きることは、食べること」

を思わせる演出。


おなかすいてきたな。



倫子の実家で育てていたエルメス(ぶたさん)から命について学びます。


命に感謝。


料理で世界旅行だってしちゃいます。


急にオカンが泣かせにかかってくるので注意してください。
(余貴美子さん演じる倫子のお母さんのことね)


心あたたまる映画でした。
また観たくなるときがくる気がする。



人を想って作る料理は
幸せを運ぶ四つ葉のクローバーです。

 

食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]

食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

食堂かたつむり (ポプラ文庫)